JUN JOB WANTED

「JUNで働くこと」を想像して下さい。
私たちの考えに共感できる、沢山の仲間を待っています。

play

playplay

VISION FFF

「業態の多様性」を強みとするJUNですが、無作為に事業展開している訳ではありません。ベースとなるのは、「Fashion」「Food」「Fitness」という3つの大切な要素。これらの分野を事業フィールドの核として捉え、これからも社会に新しいカルチャーを提案していきます。

FASHION

FASHION

FOOD

FOOD

FITNESS

FITNESS

5RULES

わたしたちはより楽しい未来を創るために、 お客さまの生活に関わるモノ、 あるいは新しいコトのを提案し続けています。そのビジョンを実現する5つの行動指針が「5RULES」です。
それぞれの言葉の中心にあるのは 「人」 。 企業としてだけではなく、 スタッフ ー人ひとりがこの5つの考え方を基に行動し、 お客さまを始め、 関わるすべての人に対して真摯に向き合っていきます。

1Human First

人がすべてを作る

我々の活動、全てに関わってくるのが人です。人が商品を企画し、生産し、販売します。もちろんお客様も人です。その人々の想いを大切にし、教え、成長させ、想いを実現する。そんな職場をみんなで実現したいと思っています。

2Global Identity

日本から世界へ

10年以上先を見据えたとき、グローバル化は一段と進むでしょう。そんな世界で、我々の存在価値を見出す為には、ただ世界基準に合わせればいいということではありません。そういった中でこそ、日本本来の持つ強み、サブカルチャー、伝統文化、テクノロジー、おもてなしの心などを再認識し、発信してこそ世界で認められるのです。今までのファッションは西洋文化を輸入し、真似ること、日本にない新しいブランドや商品を探し、紹介することでした。今後は日本から世界に発信していくビジネスに転換していく必要があると考えます。

3Extreme Quality

真似できない品質の追求

Extreme(エクストリーム)は”極端な”という意味です。本物しか残れない時代、極端に物事を追求していかなければお客様に認められません。しかも極端に追求していくのは商品の品質だけではありません。お客様に対するサービスも品質も追求していかなければなりません、また、我々自身の仕事の品質も追求していかなければならないと考えます。

4Be Foolish

バカであれ、楽しむことを忘れるな

モノ余りのこの市場で、お客様を感動させる常に新たな提案が必要です。ただ真面目でしかめっ面では新しいアイデアは出てこないでしょう。そのためには文字通りバカバカしいアイデアを平気で言い出すような人でなければならないと思うのです。型にはまらず、どこか人と違う、ファッションバカとして何かを追求していく、仕事を楽しむこと。そんな集団でありたいと思います。

5Happiness for
Everyone

お客様、お取引先、我々、すべての人が幸せに

ジュングループという会社に関わる全ての人を幸せにすること、それがジュングループが目指す理想です。お客様を幸せにし、お取引先様も幸せにし、その結果我々も幸せに。すべての人が幸せになる、そうなることで、ジュングループという会社が存続できるのだと考えます。